うつ病の治療法について知っておくべきこと

うつ病とはどのような状態

うつ病とは憂鬱な気分や気持ちが重く沈みがちという状態が長期間続く病気です。他人から見てわかる症状、自分で感じる症状、身体に現れる症状の3つに分けられます。他人から見てわかる症状というのは、表情が暗い、涙もろい、落ち着きがないなどです。自分で感じる症状とは悲しい、不安、イライラするなどです。身体に出る症状というのは食欲がない、眠れない、疲れやすいなどの症状です。いつもと違う自分の症状に気づいたら一度は心療内科あるいは精神科などを受診することが必要です。

うつ病の治療法について

治療法としてはうつ病の原因となっている事柄をできるだけ取り除くことです。もし体の状態が悪いのであれば体の治療を行います。また精神的な問題であれば精神療法的な治療法を行います。また同時に薬物療法も行います。主治医から指示された量や期間を守ることが大事です。勝手な判断で薬をやめてしまうと、かえって病気がひどくなってしまうこともあります。また休息が必要と診断されたら、しばらく仕事を休むかセーブしてゆっくり休息することも大事です。

うつ病になってしまうきっかけとは

うつ病は誰でもなってしまう可能性があります。特に環境が変わったときはなりやすいとされています。例えば就職、引っ越し、昇進、転勤、あるいは家族との離別などです。そのほか更年期や退職、病気やケガ、子供の結婚などもきっかけになることがあります。うつ病になりやすい性格というのはあります。几帳面で頑張り屋の人ほどなりやすいといわれています。なるべくストレスをためないようにすることが最善の治療法ともいええます。

うつ病の治療には、薬物治療が一般的ですが毎日の生活の中で出来ることが日光浴です。日光浴する事で脳の伝達物質であるセロトニンが増えます。セロトニンは不安や情緒の安定に関係していますので取り入れましょう。