フックを使えば壁面収納が可能、インテリアとしてオシャレなフックもある

部屋を整理整頓しよう

整理整頓というものは小さな子供の時から常に躾けられているもののなかなか出来ないのは何故でしょうか。整理や整頓というものは返す場所、収納することがストレスにならないように楽しく綺麗に収納出来る環境が出来てさえいれば、自然と部屋は片付くものなのです。逆に言えば収納する場所がなかったり、無理矢理タンスの引き出しに押し込んで収納しているような片付けでは誰でも片付けるのが嫌になってしまうのは当たり前なのです。整理整頓は収納のアイディア次第で簡単に出来るものでもあります。

フックを利用した収納

見せない収納と見せる収納、どちらも収納の基本と言えます。押入れに収納するものは季節ものの衣類や普段あまり使わない私物で保管することが目的となります。一方、見せる収納では、壁にフックを取り付ける壁面収納が効果的と言えるでしょう。部屋のスペースを作り出す秘訣は壁面収納にあります。床や低い位置に置き場所を作っても部屋が圧迫されるだけで見た目も美しくありません。壁にフックを打てば洋服やバッグを吊るしたり、ちょっとした洗濯干しにも利用出来ます。

フックの種類は沢山ある

壁に打ち込むフックもあれば、吸盤型のフックもあります。フックには様々なタイプのものがあり用途によって選択することが出来ます。その他にもマグネット型や石膏ボードに設置できるフックもあり、フックはあらゆる壁に取り付け可能で物を掛けたり吊るしたりすることが出来る非常に便利な優れものなのです。オシャレなフックを壁面に取り付ければインテリアにもなります。フックのない住宅というものもちょっと考えにくいほどフックはどの家庭でも利用されているアイディア商品と言えるでしょう。

フックとは何らかの物を引っ掛けるために使う道具のことで、衣服を留めるために使われたり釣りに使われたりします。